出会い系で自分の人生を再発見

私は以前、会社を人間関係のストレスで退職してしまい、無職だったことがあります。
就活をしていたのですがうまくいかず、寂しさから出会い系にハマるようになりました。
出会い系で自分のプロフィールを書く時に、無職と書くことに抵抗があり、介護の専門学校に通っている、と書いてしまいました。
そこで知り合った男性とチャットをしたり、メールのやり取りをしましたが、みんな私のことを「偉いですね」と誉めてくれるので何だかうしろめたい気持ちになりました。
何人かの男性と会って食事をしたりしたのですが、皆優しくて、その場限りということをよく踏まえてセクハラ的行動をとられたことはありませんでした。
しかも私の仕事について「優しい人ですね」と感動してくれたりしたのです。
私はその後、嘘をついている自分が嫌になり、仕事が決まらないのならと、本当に介護の資格を取ることにしました。
結果ヘルパーとして働くことができるようになり、堂々と「介護の仕事をしています」と言えるようになりました。
あれから1年、出会い系で知り合った男性達のお陰で無事毎日が過ごせるようになっています。
嘘をついていたことは申し訳ないと思っていますし、お礼すら言うことはできないのですが、私にとって出会い系というのは人生を変えるきっかけにもなったものなのです。